社会人になる前に読むべき本

社会人になる前に読むべき本

特にITエンジニアになる人は読むべき本

※自分のためのメモです。読まなくてもいい記事かも。

ITエンジニアおすすめの本って書いたのですが、

別にITエンジニアじゃなくても読んで損はない本です。なにより読みやすい。。

モノを作ったりするだけじゃなくて、なんか読もうかなと思って、

最速の仕事術はプログラマーが知っているっていう本を読みました。

ITエンジニアに読んでほしい!技術書・ビジネス書 大賞 2017 に選ばれているからまあまあためになる本かな。

知ってる人は知ってることだけど、読んだだけで終わらずに一応メモしようと。。

これは自分のメモ用に書いたので、興味ない人は閉じてください。。

最速の仕事術はプログラマーが知っている速くてムダのないシンプル仕事術

簡単に言うと、ムダな時間は削って、効率よく物事を進めようってことですね。

僕がメモしたいと思ったこととかをピックアップして紹介します。

辞書登録でメールを5秒で送信

  • メールの署名のところを自分が良く使用するものに変える

「株式会社

いつもお世話になっております。
大変ご無沙汰しております。
様のご紹介でメールを差し上げております。

◯◯大学大学院の◯◯です。

確かに拝受いたしました。
不躾なメールで失礼いたしました。
ご査収いただければ幸甚に存じます。
よろしくお願い申し上げます。
お返事お待ちしております。」みたいな

主語・動詞・目的語で議事録は書け
誰が何をしたのか?何をするのか?時間など明確にするとよい。

メモのとり方

・要件定義書は来週の火曜日までにX社橋本氏がFIX予定

Todo : 5/29正午までに要件定義書が来なければ電話確認

  • 紙の資料でもリンクを貼れ
  • URLとか検索ワードを貼る
  • プレゼン資料は直前に書け
    • 先週までいいと思っていたものが今日は良くないと思ってしまう

頭がクリアになる情報の整理法

  • いろんなことをメモしよう。
    • Evernoteを使う
  • 心が動いたら、メモする。アイデアとか。なんでも。
  • 1秒でスクショ、2秒で共有
    • Gyazoを使う。

Webに本当に大事な情報は載っていない

有益な情報を手に入れるには、お金を払おうってことですね。

Googleの本当の使い方

きっかけ探しにwebを使う

  • Google の検索機能を駆使せよ

◆01入力した言葉・フレーズの完全一致検索

「”GIGAZINE”」のように完全一致で検索したいワードを「””」で囲むだけ。

◆02:検索結果に表示したくない言葉やウェブサイトの除外

「アニメ -YouTube」のように、除外したいキーワードやウェブサイト名の前に「-(半角ハイフン)」

◆03:間違っているかもしれない語句で検索する

不明瞭な語句を「GIGAZINE *GIGAZON*」のように「*(半角アスタリスク)」で囲む

◆04:特定のサイトまたはドメイン名で検索結果を取得する

「睡眠 site:gigazine.net」や「オリンピック site:.gov」のように、「site:」の後にウェブサイトのURLやドメイン名を入れる

◆05:URLと類似したウェブサイトの検索

「related:gigazine.net」とすれば、類似したウェブサイトが表示されます。

◆06:複数キーワードの内1つだけを含むページを表示

「OR(大文字)」は「フィギュア 1980OR2000」などとする

 

  • きっかけはgoogleを使って、具体的に何かを調べる時は、有料サービスとか使ったほうが効率はいい。

一次情報を集める最も効率のいい方法

自分でブログを作ることにより、情報は集まってくる

見るだけではダメ!海外とか行けるなら行ったほうがいい。。。

まあ、僕も編入サイト作ってから、いろんな情報入ってくることもあるし、納得・・・。

致命的なミスを防ぐ賢いダンドリ

  • 外部チェックを入れて大失敗を回避する。
  • 戦術的ミス(単なるミス)は絶対に起こる。
  • 普段から注意深く、確認をすることで回避。。。
  • 戦略的ミスは他者から意見もらうことも大事。

簡単なタスクをど忘れしないためのリマインダー

リマインダーアプリ使え。

そつのない幹事の思考法

  • 何事にも、チェックリストを作る!

~飲み会の幹事~

キーマンの日程と意向を確認(予算を概算)
参加希望者の人数とアレルギーの有無を把握
お店を探す
会費を徴収する
二次会の場所を設定・予約する

みたいな

匿名チャットで経営会議

どうしてもヒトは、先入観を持って考えてしまう。

匿名チャットでアイデアの是非にフォーカスされるべき!

問題解決は切り分けることから始まる

デバックと同じ。

ここまでは、あってる。ここからが間違っているなど

チームなら2つに分けて、aチームはあってるがbチームは間違っているなど

チームの成果を最大化する仕組み

リーダーは「働いたら負け」
リーダーはできるだけ見てトラブルに備える。

二択の賭けにはどっちにも張る
どちらにも対処できるように!

時代の流れなど、どっちが流行るかははっきりとはわからない。

そんなときは両方に賭ける!

進捗会議はチャットで同時書き込みをさせろ

MTの時間はムダ。

5分で終わらせる

8時間に6つ製品を作らせてみる
ハッカソンみたいな・・・。

素人の意見がキーになること多い。

まとめ

今回は、最速の仕事術はプログラマーが知っているのほんの一部を紹介しました。

もっと中身が気になる人は、購入して読んで見ましょう。

割りと軽いので、さらっと読めちゃいます。。

     

ITカテゴリの最新記事